プロフィール 略歴 業績 リンク 研究室
最新訊息

2014/03/22 (土)
ワークショップ「体制転換と法」研究会
*時 間: 03月22日(土) 14:00〜
*ところ: 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W409
*報告1: 「PM10から炭素取引まで
――中国の炭素取引法制度への考察と提案」
*報告者: 蘇義淵
(北海道大学法学研究科 招聘准教授、
台湾・国立中興大学法学部 助理教授)
*報告2: 「三中全会と中国憲政の行方」
*報告者: 張千帆
(北海道大学法学研究科 招聘教授、
北京大学法学部 教授)

共催:北海道大学法学研究科附属高等法政教育研究センター/日本学術振興会科学研究費基盤研究(A)「権威主義体制と市場を媒介する法と政治――中国的メカニズムの解明」(代表者:鈴木賢)

★詳しくはこちら

ワークショップ「体制転換と法」研究会/2014年03月22日(土)14:00〜/北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W409

2014年02月17日(月)
HOKKAIDO DIALOGUE 「東アジアにおける市民社会対話」
北海道大学
*時 間: 2014年02月17日(月)09:00〜12:30
*ところ: 北海道大学 スラブ研究センター4F大会議室
東アジアの国際関係が領土・歴史・核拡散などで悪化する一方、中国においてはネット空間を介して自律的な市民社会ないし「民間」が生まれつつある。この〈北海道ダイアログ〉では、日中韓台の市民社会指導者を集め、共時共通の問題につき議論を交わすことで信頼を醸成し、下から東アジアの地域秩序を作り直す中長期的試みである。 2回目となる今回は、「メディア・ネット・権力」について検討する。
*司 会: 遠藤乾(北海道大学公共政策大学院副院長)
*パネリスト:
イ・ナヨン(中央大学社会学科 教授)
姚人多(清華大学社会学研究所副教授)
徐友漁(元中国社会科学院哲学研究所 研究員)
中島岳志(北海道大学大学院法学研究科准教授)
*通訳:
徐行(北海道大学高等法政教育研究センター講師)
李妍淑(北海道大学法学研究科助教)
*閉会挨拶:
鈴木賢(北海道大学高等法政教育研究センター長)

HOKKAIDO DIALOGUE 「東アジアにおける市民社会対話」2014年02月17日(月)09:00〜12:30/北海道大学 スラブ研究センター4F大会議室


過去の訊息はこちらへ

Get micromedia FLASH PLAYER 当サイトをご覧頂くにはFLASH PLAYERが必要です。FLASH PLAYERをお持ちでない方には、ダウンロードをお勧めします。
北海道大学

北海道大学 大学院法学研究科
Copyright(C) SUZUKI Ken @ Hokkaido University.All Rights Reserved. Produced by Hsiao Tsung-yuan.